プレスリリース

カテゴリー

年別アーカイブ

RSS

物件を探す

  • 中古マンション・売買物件
  • 賃貸物件
  • 店舗・事務所

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

お問い合わせはこちらから

03-5683-1771

株式会社セントホープ

〒135-0016 東京都江東区東陽5-31-21

メールでのお問い合わせ

スタッフブログ

【コラム】レインズの不動産検索について

2017年07月29日

不動産の売買、賃貸などの情報を不動産業者間でのみ共有しているサイトにレインズ(不動産流通標準情報システム)というものがあります。このサイトに媒介元の不動産会社が情報を登録すれば全ての不動産業者に買い手を探してもらえるという売主にとってのメリットがあります。また、買主にとっては1社に依頼すれば最新の情報が手に入る仕組みになっています。取引事例なども分かるので適正な価格(相場)を知ることができます。スムーズな不動産取引ができる仕組みに使われています。

このレインズは一般の方は見ることはできませんが、不動産ジャパン(http://www.fudousan.or.jp/)という不動産流通4団体の不動産物件情報を集め掲載しているサイトがありますのでこちらがレインズに近いと思います。一般的な不動産ポータルサイトとの違いは、情報元の不動産会社ががわかるという点です。

では仮にレインズが一般開放された場合は、「物件の情報を持っていない」売買仲介業者は価値が無くなってしまうのでしょうか。

世間ではどの不動産会社が信頼できるのかを客観視するようになり評価されるという風潮になりつつあります。また、消費者間で不動産売買が可能なウェブサイトも出来ており最初に仲介会社に問い合わせすることも無くなるかもしれません。

だからこそ、物件情報以外の付加価値を身につける等の取り組みをする必要があり会社の大小関係なく「高度な専門性」&「トータルサポート」消費者目線での対応などホスピタリティー精神が溢れる不動産会社が必要とされるようになると思います。

特に弊社のような地元で長く営んでいる不動産会社は「高度な専門性」&「トータルサポート」がこれから益々必要になるかもしれません。

セントホープ 川崎

このページの上部へ